私達が生活する社会には、住むための家である住宅や働く場所となるオフィスやビルなど、たくさんの建物があります。多くの建物は目的に合わせて建てられており、私達の生活に溶け込んでいます。しかし、世界の建物の中には生活に馴染むどころか、一際目立つような奇抜な建物も存在します。そこで今回は、世界中にあるブロックのような形をしている奇抜な建物を3つほど紹介します。

アビタ67団地(モントリオール、カナダ)

アビタ67団地は、カナダのケベック州モントリオールにある集合住宅です。この建物はサンローラン川にあるマルクドロウンの岸壁に建てられています。この建物の設計図の素となったのは、建築家であるモシェ・サフディが在籍していたマギル大学の修士論文として設計したものです。インターネットで調べれば、図面と言うほどのものではありませんが断面図などが見つかります。
 
これは1967年に行われたモントリオール万博博覧会の主要なテーマとして建てられました。この博覧会が行われている間は、モントリオールを訪問した高官達の仮の宿舎として利用されました。
 
この建物のテーマは「人類と世界」と名付けられていて、ブロックのような住宅が無秩序に組み合わさったような構造になっています。実際に建築していた当時、コンクリートで作られたブロック型の家をレゴブロックのように組み合わせて建てられていきました。45年以上も前に建てられた建造物ではありますが、建築の固定概念を壊す、あるいは覆すようなデザインは現代でも異彩を放っています。
 
今も現役で使われていて、分譲マンションとして利用されています。354ものコンクリートプレハブからなっており、12階建てで、146世帯が住むことが可能です。
 
今でも結構な規模の集合住宅ではありますが、基本計画の段階ではもっと大規模なものでした。しかし特徴的な建築が仇になってしまい、手頃な価格とは言いがたいほど高価になってしまい、今の規模に。これを造った建築家はこのような建築が広く普及することを期待したと言われています。他にも同じ様なものを作ろうとしたそうですが、そちらには予算が付かなかったそうです。そういった事情から、このアビタ67団地は希少性と特異性からプレミア価格が付いています。
 
ちなみにアビタ67団地のアビタはフランス語で「建物」を意味しています。
 

キューブハウス(ロッテルダム、オランダ)

キューブハウスはオランダのロッテルダムにあるキューブ型の住宅です。この建物は、1984年にデザイナーであるビート・ブロムによって設計されました。森と木を表現していて、ひとつひとつの家が木で、それらが集まることで森となるというイメージの集合住宅になっています。危険の多い市街地の真ん中に、「安全な森のような村を想像すること」がコンセプトになっています。
そんなキューブハウスは38戸の住宅からできており、そのキューブは45度傾いています。当然ですが部屋や廊下の壁も斜めになっていて「人がまっすぐ立てるのか?」という疑問は、これを見た人誰もが思う感想だとか。
 
この建物には、現在も集合住宅として居住者がいます。またユースホステルとしても利用されており、実際に宿泊することが可能となっています。このキューブハウスは非常に人気があったため、現在はミュージアムとして、1部屋のみだけ、有料で見学用に開放されています。
建物自体はブラーク駅前に建っており、駅を降りると一際目立っているので行き方がわからないということはありません。
 
なんとこのキューブハウス、ロッテルダムにあるもの以外にも存在します。色違いのキューブハウスがヘルモンドという地域にもあるのです。

エディフィシオミラドール(マドリード、スペイン)

エディフィシオミラドールはスペインのマドリードにある22階建ての集合住宅です。低所得者向けの集合住宅でマドリード郊外に位置し、グアダラマ山脈に囲まれた環境になっています。22階建ての建物のなかには156戸もの家があります。
 
この住宅の最大の特徴でもある真ん中の穴は遠くの景色を見るためのフレームの役割を担っています。このフレームの屋上部分は、この住居者向けの展望台兼広場となっていて集会や遊び場として用いられています。
 
コンクリートやタイル、石材、色彩によるシルエットも特徴的ですが、そのシルエットは住宅を9つのブロックを分けるようになっています。ちなみに赤色の部分は帯状になっていますが、これはこの住宅の通路の部分を示しています。

まとめ

今回、世界にある奇抜な建物のなかでも、ブロックのような建物に注目して紹介しました。ブロックのような建物でも無秩序に並べたり、斜めに建っていたりと、本来あるべき建築の形を外れたものばかりでした。しかし、どれも人が住むことができるように設計されており、場所によってはホテルとしても利用することができるので、こういった建築物に興味がある方は、ぜひ一度宿泊してみてください。
 
また他にもブロックのような建造物の中には、建築家であるフィリピン・ドゥジャルダンが設計した奇抜な建築があります。